終了するYahoo!ジオシティーズから興味深いページを発掘する

先日、Yahoo!内のホームページスペースサービス、Yahoo!ジオシティーズが2019年3月31日で終了することが発表されました。 

info-geocities.yahoo.co.jp

それを受けて、ネット上では「今までジオシティーズで公開されてきた貴重なWeb財産がなくなる」ということがちょっとした騒ぎになっています。

f:id:nakakzs:20181012215322p:plain

20年以上の歴史がある日本版ジオシティーズ(和塩)

ジオシティーズの最盛期と言えたのは、1990年代後半からなので、今の若いネット利用者にはその頃のことを知らない人も増えていると思います。そのへん話すと長くなるので、以前書いたブログエントリーをお読み頂ければと思います。初稿は10年近く前に書いたものですが、かなり記憶が鮮明な時にまとめたものですので、他であまり出てこないようなことも書いてあります。

timesteps.net

こちらの文章は、実は本家とも言えるアメリカのGeocitiesが閉鎖した時に書いたものです。それから10年近く経っての閉鎖ですので、レンタルホームページサービスというものがかなり廃れてしまってから久しいのに、むしろよくここまで持たせたと感心します。

 

すでに消えた無料ホームページも多数存在

ただ、それだけ長く続いてきた為、今迄そこで蓄積されてきた情報の量はかなりのものになります。中には巨大Webサービスがフォローしていないような、個人が作成したのに貴重な情報が詰まったようなサイトも数多く存在します。
しかし、それらは今回のサービス終了によって消えようとしていている、というのが今大きな問題になっています。

しかしこの悲劇は今回に限ったことではなく、かつては同じく昔からの無料ホームページレンタルサービスとして有名だったinfoseek系(iswebなど)がすでに消失していますし、プロバイダ系のホームページスペースでも、ocnやniftyがサービスを終了して一斉に消えてしまっています。その度に貴重な財産が失われてきました。

参考:

timesteps.net

 

しかし同時にそれらをアーカイブする動きもあります。全体のうちのほんの一部ではありますが、今まで消えたサイトでもアーカイブとして保存されているものも存在します。
おそらく今回のYahoo! ジオシティーズのサービス終了でもそれらは行われるのでしょうし、ここ数日はどのようなサイトをアーカイブしたいかというのがネットで書かれるようにもなっています。

そこで私も、自分の今まではてなブックマークやローカルブックマークで保存してきたYahoo!ジオシティージィーズのページを抽出して、そこから保存しておきたい印象的なサイトをジャンル毎にいくつかまとめてみました。
余談ですが、かなり久しぶりにローカルブックマークを整理したので、既にサービスを終了してホームページが消失しているinfoseek系やocn、niftyのサイトの多さに心が折れかけました。

尚、以下のリンク及びデータは2018年10月12日現在のものですので、今後移転などによって変化することがあります。

 

知識

世界史講義録

世界史の講義をまとめた、世界史好きには読んでてたまらないサイト。
はてなブックマーク数は2018年10月中旬現在でなんと5600以上という、ジオシティーズでもトップクラスではないでしょうか。
2017年までの更新は見られるので消息不明ではないですが、消えると惜しいサイトなので動向に注目。

世界史講義録

※追記※

と思ったら、たった今移転を確認しました。

timeway.vivian.jp

 

世界飛び地領土研究会

文字通り、世界中に存在する飛び地を記したページ。

けっこう昔からあるサイトですが、近年本も出た模様です。

世界飛び地大全 (角川ソフィア文庫)

世界飛び地大全 (角川ソフィア文庫)

 

世界飛び地領土研究会(飛地)野次馬的アジア研究中心内)

 

青空文庫で読める日本古典SF

文字通り青空文庫で読める日本古典SFがまとめられたサイト。1000ブクマ越え。
更新は2012年までされているようですが、今後どうなるかわからないので、読みたい方はお早めに。

青空文庫で読める日本古典SFtamiyagi2のホームページ内)

 

くろご式 ことわざ辞典・慣用句辞典

ことわざ辞典にはことわざや故事成語、慣用句辞典には文字通り慣用句がぎっしり掲載されている。

くろご式 ことわざ辞典

くろご式 慣用句辞典

 

ゲーム系サイト

ゲーム系については、以下のサイトですでに多くがまとめられおります。

famicoroti.blog81.fc2.com

それに追加する形で書いてゆきます。

 

Philosophy of Nintendo(Farthest Guru内)

任天堂の歴史が掲載されているサイト。
今でこそいろいろな書物も出て折有名になった任天堂の歴史ですが、情報が少なかった昔はここに書いてある者がかなり役に立ちました。自分でも「ゲームミュージックなブログ」のほうで、何度か活用させてもらったのを覚えています。

Philosophy of NintendoFarthest Guru内)

 

CrownArchive

各種ゲームの研究が興味深いサイト。

とりわけマリオ研究は一読の価値あり

www.geocities.co.jp

 

ウラワザ特集(HSEEの部屋内)

初代スーパーマリオのかなり深いところまで突っ込んで研究してある裏技集。

ウラワザ特集HSEEの部屋内)

 

CROSS † CHANNEL考察

2003年に登場し、話題となったエロゲー「CROSS † CHANNEL」において、数々の謎な部分を考察したサイト。このゲームの考察サイトは他にもいくつかあった気がしたけど、現在当時のが見当たるのはここ。

CROSS † CHANNEL考察http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/5403/top.html内)

 

事件・犯罪系

 事件・犯罪史サイトというと無限回廊が有名ですが、他にも同じように事件の考察や死刑などについて書かれたサイトがあります。そして何故かジオシティーズに多い。
自分のブクマにあったところで以下のようなものがあります。

犯罪の世界を漂う漂泊旦那の漂流世界内)

刑部

殺人事件(まさかりの部屋内)

死刑廃止と死刑存置の考察

正直これらのサイトがなくなると、アフィリエイト狙いでかなりいい加減な事件の記事を書いたサイト(最近多い)が浮上してきそうなので、その意味でも困るかなと。 
ただ、これらのページの多くは現在でも更新中なので、管理人さんにやる気があれば消失の心配はあまりないと思っています。

 あと、表現規制問題においても、以下のようにまとめられたサイトがあります。

 ■松文館裁判

 

エンタメ

エンタメ系のページ。これもけっこう数が多いですが、ここで紹介するのは私の趣味です。

道楽者のページ

変な本や曲、また放送禁止歌や発禁本などの紹介をしているサイト。このブログでもこの手の発禁系ネタを書く時に参考にさせてもらいました(このあたりとか)。

nakamorikzs.net

関連ページは消えており、且つ更新も長期間ないのでこのまま消失するかもしれませんが、消えるの惜しいので、なんとかアーカイブしたいところ。

道楽者のページ

 

伊集院光ラジオ系 

伊集院光のラジオ系の資料的ページ。

伊集院光・日曜大将軍 発言

イジューインネット(ミラー)

ちなみに下のほうは、すでに消えたページのアーカイブページということで、ここで保存しないと二度目の消失となりそうです。
ジオシティーズは無料だったので、この手のアーカイブページもわりとあるかもしれません。 

 

2chスレまとめ系

2000年代中~後半で、まだまとめサイトがアフィリエイト狙いや炎上狙いではなく、純粋にそのスレの情報をまとめるというものも多く存在し、それに無料のジオシティーズが使われることも多くありました。その中から印象深いものを。
まあただやはり2ch書き込みなので、信憑性はそれを意識して。

 

某Aさんのエロゲークリエイター体験記

www.geocities.jp

2004年頃にBBS PINKのエロゲネタ板に突如登場した、エロゲー業界体験記。
2chスレネタ全般に言えますが、ネタか本当かはわかりませんが、当時これを読んだエロゲ業界の人が「これ本当にプロか元プロが書いてるんじゃないの?」と言ったレベルで、読んでて当時のエロゲー業界事情の片鱗が見えます。

 

 任天堂ソフトスタッフリスト(Nintendo総合スレッド案内所内)

任天堂スレのまとめですが、そのうちスタッフリストが結構役に立ちます。

任天堂ソフトスタッフリストNintendo総合スレッド案内所内)

 

その他

今からネトゲを始めようとしている人を止めるサイト

同人ゲームサークルここだけはやめとけ!スレまとめサイト

 

ネタ

どれみっちの穴

現在マンガ家のカスガ氏のWebコミックサイト。
一部の人にはナージャネタで有名。

www.geocities.jp

 

その他

ゴレンジャー全怪人死因リスト

マハーポーシャのチラシ その1
マハーポーシャのチラシ その2

 

どうにか一括アーカイブできないものか

これでも一部です。そして、これを実際見てゆくにあたり、関連するサイトでもまだ未読なのにおもしろそうなものがわりと見つかってしまいました。それは当時としては平凡でも、10年以上を経て価値が出てきたものも数多くあります。

となると、このようなサイトを選んで保存しても、まだ見つけていない面白いサイトが人知れず消えてゆく可能性もあるということで、やっぱり惜しいのですよね。
権利上の問題とか難しいでしょうけど、なんとか出来るだけ多くのものを保存できないか、infoseek系やnifty、ocn系ホームページの悲劇を繰り返させないか、出来ないかと思うのですが、時間的に難しいでしょうか……。

とはいえ、これらの問題は今回で終わるわけではなく、今後も起きうる問題です。今あるコンテンツも、十年後にはどうなっているかわからないし。継続的に考えてゆくべき問題でしょう。

関連:

nakamorikzs.net