唐沢なをき調の一風変わった健康系レポマンガ『けんこう仮面』

クリスマス後のマンガ買い出しにいってきました(ちなみに買い納めは27日発売のコミックスがあるのでまだ)。そこで買ってきたきららコミックス系(『CIRCLEさ〜くる』『うぃずりず』)の話題はまた後にして、今日は目に入ったので思わず買ってしまったものを。
タイトルは『けんこう仮面』。

 小学館・唐沢なをき・よしこ『けんこう仮面』表紙

さて、表紙を見れば一目瞭然ですが、唐沢なをき作品であるこの本。奥さんライターの唐沢よしこさんとの共書です。
ただ、これの表紙のみ見たとき「え〜……(否定的嘆息)」と思いました。というのは、今年はネット上でこのオタク第1世代と呼ばれる代表的な人たちのの行動が、否定的な方向でクローズアップされることがあったからです。

■参考1:漫棚通信ブログ版:これは盗作とちゃうんかいっ

■参考2:岡田斗司夫がダイエット支援サイトを閉鎖に追い込んだ!?

ですが、唐沢なをき氏の作風は昔から好きだったので、タイトル(というか帯の「著者はこの本のために13kgの原料に成功!!」というアオリ)だけを見たときには「ああ、もしかしてこの人まで妙な方向に……」と思いました。
もし、この本がそういうのだったら『オタク第1世代は変節したのか?』という文章でも書こうと思いましたが、幸いそういったダイエット本&健康本ではなくて、やっぱり唐沢なをき作品独特の変なおもしろさがありました*1。そもそも連載が2002年スタートで、ビックコミックオリジナル増刊でかなりスローにやってきたために、こういうのがブームになる前からやってたんですよね。

内容は、たしかにダイエットや健康を扱っているのですが、よくあるようなダイエットレポートや特定商品の宣伝ではなくて、いろいろなことに体当たりでチャレンジしています。
内容もご家庭で出来るコーヒー腸洗浄から、千葉の新県民体操をしてみたり、耳かき映像、果ては胆嚢手術レポまで。あと、身体じゅうに毛穴シートを貼ったり、電磁波を防ぐために身体にアルミホイルを貼りまくったり(両方とも写真有り)と、それなりに経歴のある漫画家とは思えないほど身体をはっています。ビリーさんとこにも入隊してます。

なんつーか、鈴木みそさんのレポみたいな感じもあって(この人の漫画も好き)、いい感じです。そういえばずっと昔、「唐沢商会」で出してた『脳天気教養図鑑』の最初の方のノリに近いかも(というか、鹿のペニスを買ってきて食べようとする話)。

脳天気教養図鑑 (幻冬舎文庫)

一応ダイエットレポもありますけど、私にとってはおまけだったかな。

とりあえずレポ系マンガが好きな方、唐沢作品が好きな方は読んでみるのも面白いかと。

だけど、唐沢なをきさんの写真久しぶりに見たけど、本人も言ってた上にネタにしてた髪、兄に近づいているような。おまけにダイエットそれなりに成功したせいで、これで例の帽子をかぶせたら、かなり見分けがつかなくなるかもしれないいなんてことを思いました。

あと、おまけのねこつぼは、ねこ好きが見たら卒倒&自分の猫で真似しそうだなあ……

けんこう仮面 (ビッグコミックススペシャル)

けんこう仮面 (ビッグコミックススペシャル)

*1:あ、でもこれは切り込んでみるのも面白そうなので、そのうちまとまったら書こうかな。