裁判員制度

『第三者法廷』の危険性

とある事件に対し、メディアなどを通じて第三者がそれを断罪、攻撃することはよくあるが、それは限られた状況の中での判断であり、事実と違う思い込みをする可能性は十分にあり得る。