積もったWordpressプラグインを全面的に見直してみた(メモリ対策編)

ブログを再開するにあたり、全部のブログを見直してみることにしました。そのうち一番大きかったのはブログの半分をさくらのVPSに移動したこと。VPSに関しては全くの素人でしたが、設定の解説がネット上に非常に多くあったので、その力を借りて普通にWordpressを立ち上げることができました(このへんの経緯もそのうち説明します)。

さて、その際久しぶりにWordpressを一から構築したのですが、ここで使用するプラグインを選ぶにあたって、全部のブログのプラグインを見直してみることにしました。そうすると、使っていないものや今では一般的ではないもの、はては更新停止しているものが多数出てきたのですよね。

実はこの見直しをしたのにも理由があり、ブログの半分を残している元サーバ(さくらのレンタルサーバプレミアム)が転送量もCPU時間もやけに重く、そのことをさくらのサポートに問い合わせたところ、「Wordpress は非常に多くのメモリを使用いたします為、不要なプラグインは削除する、メモリ使用量の少ないプラグインへ置き換えるなどの対策を行ってくださいますようお願いいたします。」と来たのですね(あいかわらずここはサーバ屋の中でも迅速且つ丁寧だなあ)。ああそうだ、プラグインのメモリ食いをすっかり忘れていた、ということで見直すと、前述の様な古いもの、使ってないものが出てきまくりだったのですね。通知が来るアップデートはしていたので、この辺油断してました。

というわけで、メモリ対策を中心にいろいろやってみましたが、やったことが多いので今日は肝心要のメモリ対策について書いていこうと思います。新規でWordpressを立ち上げる方にはもちろんですが、私と同じく数年間この設定まわりを放っておいたままにしておいている方にもおすすめの内容が含まれています。

 

とにかくいらないプラグインを切ろう

ネットで「これは便利なプラグイン」として紹介されていると、つい試したくなっちゃいますよね。でも、それを使い続けるならともかく、実際には一度入れてそのまま放置なんてことも数多くあります。まあひとつやふたつならともかく、それが累積すればすごい負担となってしまうのは自明の理。というわけで、使わないアプリと停止、もしくは削除してみることにしました。

自分の場合具体的には「WP-Polls」(投票用ヴィジェット作成)、Lightbox Gallery(画像表示)、mcRSSlist(RSSのリストを作成できる、RSSアンテナとして使用)など拡張系がありましたがそれをオフにして、使う時だけ有効化することにしました。 さらに「Contact Form 7」(投稿フォーム作成)で作成した投稿フォームは、他のブログの投稿フォームにリンクさせてひとつにまとめてしまいました(ゲームミュージックなブログBCDを本家のコンタクトフォームにリンク)。とはいえTwitterなどで軽い質問などができる昨今、あまりメールフォームの問い合わせもないので、完全にとっちゃってもよいかもしれません。

あと、アクセス解析の「Google Analytics Dashboard」を停止。これはダッシュボード投稿一覧でGoogle Analyticsの結果を出してくれるものなのですが、どうやらかなり重い処理がかかるらしく、しょっちゅうここの表示部分だけホワイトアウトしていたので。アクセス解析ならダッシュボードにJetpackのものもありますし、Googleに直接行けばいいだけですからね。

ほか、昔(それこそWordpress2時代)に使っていたけど、すぐには思い出せなかった様なものもいらないと判断して削除しました。

キャッシュプラグインの導入

Wordpress 負荷軽減でググるとあちこちのサイトに書いてあるプラグインが「WP Widget Cache」。これはキャッシュ化することでメモリ等の負担を軽減するものですね。

■WordPress › WP Widget Cache « WordPress Plugins

実は自分、このテのアプリのエラーで昔えらい目にあったので(画面全部ホワイトアウト。当時は原因が分からずプラグインを一個一個検証した)見送っていたのですが、そうも言ってられないのでインストール。 特にいまのところ異常はありません。

 

Use Google Libraries導入

こちらもよく勧められているプラグイン。Google Libraries APIにあるライブラリを読み込むことで、サーバーの負荷を軽減したりするようで。ためしに入れてみました。

WordPress › Use Google Libraries « WordPress Plugins ■参考:WordPressでGoogle Libraries APIを自動的に読み込む「Use Google Librariesプラグイン」: 小粋空間

 

その他前から入っているプラグイン

そのほか、前から入っている負荷軽減用のプラグイン。

・001 Prime Strategy Translate Accelerator……翻訳ファイルの読み込みをキャッシュ化し、表示までにかかる実行時間を短縮します。 ■WordPress › 001 Prime Strategy Translate Accelerator « WordPress Plugins

・Delete-Revision……投稿リビジョン削除 ■WordPress › Delete-Revision « WordPress Plugins

そんでもって成果は……

さて、これらのことを既存のさくらのサーバプレミアムと、さくらのVPS両方でやってみました。前者は計測をしてなかったのですが、後者の方はちょうど先日導入した計測ツールwebminがあったので、そちらからメモリ周りのグラフを。

Munin

がこっと減っているのは、VPSにおけるいくつかのブログについていっぺんにこれらのプラグインの導入&停止を行ったあたりです。その後回復してきたあたりでもappsが目に見えて激減したのと同時に、cacheが増えているのがわかりますね。そしてcommittedも激減。実際にこの状況下での運用はあまりしていませんが、見た目これだけ変わっているのでしなかったよりは効果があったかと。

「CloudFlare」の導入についてか考慮中

さて、「Worpress メモリ負荷」あたりでググるといろいろその対策が出てくるのですが、今まで施したもののほかにこのようなものがありました。

【画像付き導入記】 CloudFlareが便利そうなんでWordpressブログに導入してみた | IDEA*IDEA

百式さんとこのものなので信頼性は高そうです。 ただ、ネームサーバを弄るのがめんどいので(ブログ移転時にネームサーバの入れ替えでいろいろめんどかった記憶が新しいので)、今のところ保留にして、気が向いたら試していこうと思います。