Yet Another Related Posts Pluginを使って、Wordpressで関連記事を表示させてみた

このようなエントリーがありました。

ブログの関連記事を自動生成してくれるツールやサービスあれこれ - Publickey

見ると、エントリー内に関連記事を表示させるWordpressプラグインがあるらしい。ということで、試してみることにしました。

今回使用したのは、上に掲載されているうち、評判になっているという「Yet Another Related Posts Plugin」というものを使用してみました。

WordPress › Yet Another Related Posts Plugin « WordPress Plugins

Wordpressがプラグイン>新規追加が出来るバージョンなら、そこでプラグイン名で検索すれば簡単に出てきますので、そこからインストール。で、インストールをしたら、「設定」に「関連記事 (YARPP) 」という項目が出来ますので、そこをクリックすると、どのようなものを関連記事として出すか、詳細な設定が行えます。 「フィルター設定」では、特定のカテゴリやジャンルのフィルタリングをして、それらに関連するものを出さないようにすることが出来ます。「関連スコア設定」では、関連記事のスコアを設定して、どれだけのスコアで出すかを決められます。そして「表示設定」では、Webサイト用とRSS用、それぞれで表示の設定が出来るようになっています。ただ、わからない場合は特に設定しなくても、そのまま使える感じです。

で、このブログはもちろん、自分の持っているWordpressブログ(Timesteps空気を読まずにマンガを読む)で、特に大きく設定を弄ることなくこれを導入してみました。 その結果、エントリーによっては関連するリンクが1つから2つ出てきました。関連記事がない場合は「No related posts.」と表示されます(設定で変更可能)。

とりあえず邪魔にならないようなのでしばらく試していこうと思っています。エントリーを書く毎にどんな関連記事が出るか確認して、ヘンだったら設定を調整する、という感じにしようかなと。