「 テレビ 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

携帯のワンセグはテレビの視聴率を伸ばさないと思う話

私の携帯電話はDocomoのP903iです。理由はPシリーズ特集のワンタッチオープンボタンで、これに慣れると他の携帯では違和感が出てきてしまうという。さて、そろそろ買ってから2年経つので買い替えてもよいかなあとビックカメラで見回ったり、カタログをとってきたりするのですが、現在の携帯ってほぼすべての機種にワンセグがついているのですね。少なくともDocomoの場合、ついていないほうが特殊機種となっているみたいで。さて、このワンセグですが、数年前からテレビでは期待された存在だとかいう記事をよく見かけました。■ワンセグ放送局探検隊 - 中部日本放送[前編]---自社制作番組に関連データを表示させて携帯サイト誘導:ITpro

NO IMAGE

ドラマ『婚カツ!』が背負う視聴対象層ハンデ

なんかこんな話題が。■『婚カツ!』空前の大コケ 視聴率9.4%は月9史上初の一桁!? - 日刊サイゾーさて、最近ドラマは殆ど見ておらず(例外的に金曜の深夜枠のドラマだけ風呂上がりにぼーっと眺めるくらい。『名探偵の掟』とかやっているあたり)、月9も見なくなって10年くらい経ちます。故にネットではいろいろ言われているようですが、私にはこのドラマがストーリー的やキャストの演技の善し悪しはわかりません。ただ、そういうものを外してもドラマのをハタから見てみると、そもそも企画自体が月曜9時にやるには大幅に間違っていたのではないか、と思えるのです。というわけで、キャストや脚本的な側面での批評は他の見ている方にしっかりしてもらうとして、ここではそれについて自分が思ったことを書いてみようと思います。

NO IMAGE

現在の地方独立テレビ局の番組が大幅にテレビショッピングで埋まっている件

昨今、よくテレビ局(民放)がヤバイヤバイと言われています。たしかにCMには番組宣伝や「CMのCM」なんかが入ることが多くなったという話はよく聞きますし、番組も金のかかるものはなくなっているように感じます。何より15年前と比較してテレビを見る時間が圧倒的に短くなったと。ネットでもそういった話題が出てきますよね。しかしそれでも一応番組の形をなしているので、ネットのニュースなどを見てその状況を知らなければ、テレビ局がピンチとは気付きにくいのではないでしょうか。番組のおもしろさはともかくとして。実際、あまりネットをしない高齢者の人に「今、テレビ局ってどうなってると思う?」とアンケートを採ってみたい気がします。

スポンサーリンク