「 ブログ 」一覧

スポンサーリンク
NO IMAGE

三峯画伯はすごい存在だということを個人サイトにたとえて証明してみる

まずこちらを。■売れるエロ同人誌の条件とは!■三峯徹非公式ファンクラブエロマンガ雑誌はあまり買わない(買うとしても単行本派だし)私でも、三峯さんの名前は知っています。まあもっともネットからの広まりもあるでしょうが。

NO IMAGE

たとえPVが増えても面白いことを書いているという確証はどこにもない

おかげさまで、うちのブログのアクセス数はそれなりに増えました。しかし、今になっても自分が面白いものを書いている、という確固たる自信はないのですよね。それは、このブログのアクセス数増加のもとが、各ニュースサイトさんでの紹介によるものだからです。

NO IMAGE

ニュースサイトは古本屋さんです?

少し前ですが、まなめさんのエントリーです。■ニュースサイトは本屋さんです: 304 Not Modified読んでああ納得、とニュースサイトを運営していない自分でも思わされます。しかし、「ニュースサイト」というものに対して、私は前々から思っていたことが別にありました。それは、ニュースサイトの仕組みが「古本屋」に似ているということ。しかしそれは、扱うソースが二次ソースだから(古いソースだから)という意味ではありません。実際一次ソースを扱っていたり、本来ならニュースたり得ない情報を紹介する(1.5次ソースともいうべき)ニュースサイトさんもありますしね。従って、タイトルの「古」本屋という文字で、何事かと思っていらっしゃった方もいるとは思いますが、別にマイナスの意味ではありませんので(あと釣りでもないです)。では、何故「ニュースサイトは古本屋」なのでしょうか。 ...

NO IMAGE

非ブログの個人サイトはなくならない

※この記事は2007年4月6日に書かれたものです。こんな興味深い記事がありました。(情報元:ゴルゴ31さん)■1年後には個人サイトの99%がブログになる。(リンク切れ)99%というあまりにも巨大な数字が目立つので反論も多そうですが、ブログが増えてくるというニュアンスだけ見ればそれに異論はないと思います。 しかしながら、それ故に個人サイトをほとんど駆逐する、というと、それはちょっと違うと思います。99%という数字については現在の個人サイトにおける比率がわかりませんので検討できませんが、ブログではない個人サイトがそこまで少なくなることはない、と断言できます。

スポンサーリンク