「 マンガアニメ規制 」一覧

スポンサーリンク

マンガやアニメ、ゲームなどのオタク文化と呼ばれるものに対する表現規制に関するもののカテゴリ。

『定本 消されたマンガ』(赤田祐一+ばるぼら)感想

『定本 消されたマンガ』(赤田祐一+ばるぼら)感想

文庫本版が出たので購入した赤田祐一+ばるぼら著『定本 消されたマンガ』(彩図社)を一通り読みました。この手の回収騒動や自主規制といった、封印作品系の本は発見するとわりと目を通すのですが、この手のものはかなり定番決まってしまってます(例えば特撮なら『ウルトラマン』の「遊星より愛をこめて」とか)。特に近年コンビニ専売本などではだいたい予想出来る範囲。しかしこの本は名著『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』で知られるばるぼら氏と、元クイックジャパン編集長で『消えたマンガ家』にも携わっていた赤田祐一氏が書いていたこと、さらにごく最近のものも書かれているということで、期待して購入。

NO IMAGE

コアマガジン捜査とコミックメガストア廃刊関連

なんかコアマガジンに4月19日に捜査が入ったということが、先日報じられました。■「ほかの出版社もやる」? コアマガジンへのガサ入れ騒動は、警察当局による弾圧の序曲か - 日刊サイゾー■老舗エロ系出版社のコアマガジンに警察が家宅捜索。マンガ雑誌が捜索対象に? - Togetter詳細がまだ不明なのですが、断片的な情報だとどうも刑法175条(わいせつ物頒布の罪) で手入れがあったようで。しかし、結果として手入れを受けたことで、雑誌という表現媒体を廃刊に追いやってしまったということになります。しかしこの動き、件の都条例や国政の動きと関係があるのかというのも気になります(余り強すぎると陰謀論じみて嫌いなんですけど、影響が全くない、というのも楽観すぎるかなと)。なんか、いろんな意味でかつての松文館裁判のことを思い出すのですが。■松文館裁判 ...

スポンサーリンク