「 仕事 」一覧

スポンサーリンク

主に個人の仕事について書いたもののカテゴリ。

フリーライターが仕事相手と連絡がつかない時にわき起こる恐怖感

フリーライターが仕事相手と連絡がつかない時にわき起こる恐怖感

本日、ネットで騒ぎになっていたもの。 ゲームニュースサイトのインサイドにて、「ライターと連絡がとれなくなって、連絡可能な人を探している」という文章が出たのですが、その記事がゲームの宣伝規格用の偽の記事だったというもの。その後謝罪文が出ました。 ここで問題とされているのは、本当に起きていたら緊急事態だったというものが、PRなど創作とわかる表記なくさも本当の緊急告知のように出されてしまったことでしょう。お詫び訂正が出された後から読み直すとたしかに企画っぽい、不自然な箇所はあちこちにありますが、それは重大性の認識に押し流されてしまった感じです。 しかし「連絡がとれなくなった」というのは、それが一時的にせよ恒久的にせよライターに限らず仕事をしている人には一度や二度経験はあるのではないでしょうか。それはライターなどに対してだけではなく、逆にライターなどから企...

のび太は実はかなり起業向きスキルを持っているのではないか

のび太は実はかなり起業向きスキルを持っているのではないか

いきなりですが、『ドラえもん』においてのび太は学校を卒業後、起業しているのをご存じでしょうか。こう書くと、えっ? と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと考えればどなたも知っていると思います。それは簡単で、ドラえもんがのび太の時代に来た理由はセワシの家が貧乏だからですが、その原因はのび太が会社を潰してその借金が22世紀にも残っているからですよね*1。会社を潰した、ということは、つまり起業しているわけです。

NO IMAGE

フリーになって一番実感した『掛』の存在

ライターの方のプロフィールを見ていると、どこかの出版系などクリエイティブ系の会社に勤めていて、そこでのスキルや人脈が溜まって独立してライターになったという人をわりと見かける気がします。しかし私の場合そんな立派な段階を踏まず、なんだか人脈もなく立派な経歴もないのに、なんだか流れでそうなっていて、一歩間違えばフリーライターじゃなくフリーターなところを、運が良かったのか人に声をかけてもらってなんとかなっているという感じです(具体的に説明すればかなり不思議な経歴かもしれませんが、それはまたネタになるときにでも)。で、フリーライターになるのもその状況をわかってではなく、なし崩し的になっていたので、この状況に置かれてはじめて知ったことはたくさんありました。何せ最初は本当に「請求書って何?」「確定申告ってどうやるの?」ってな感じでしたから。 そんなわけで、フリーな身分になってからいろいろ知ったこと...

NO IMAGE

社会人を経験して一番得たものは『不条理』を学べたこと

今はフリーライターと書いて略してフリーターな私ですが、一応新卒で会社勤め経験もあります。まあ、正直に言うとそこは今で言うブラックのようなもので(まあこれも人により基準が異なるので自分以外はそうではないとも言えますが)、2年弱くらいで退社して、いろいろいろいろいろいろ経験しつつ今に至るのですが、それでもブラックでも会社員の経験をしておいてよかったと思うことはあります。

スポンサーリンク
お仕事依頼について About contact
お仕事依頼について About Sitemap contact