「 小説 」一覧

スポンサーリンク

小説に関するもののカテゴリ。

『時計じかけのオレンジ』幻の最終章が収録された小説完全版

『時計じかけのオレンジ』幻の最終章が収録された小説完全版

スタンリー・キューブリックの映画『時計じかけのオレンジ』をご存じの方は多いでしょう。近未来のディストピアを舞台にした作品ですが、その異様な世界観やセンス、視覚的、音楽的演出、そして衝撃的なストーリーで非常に印象に残る作品で高く評価している人も多く、『二〇〇一年宇宙の旅』『博士の異常な愛情』と共にSF三部作と言われ、キューブリックの代表作とされています。

『希望の国のエクソダス』に登場するUBASUTEは何を目的としていたのか

『希望の国のエクソダス』に登場するUBASUTEは何を目的としていたのか

村上龍の『希望の国のエクソダス』という小説があるのを、そして読んだことがある方はそれなりにいらっしゃると思います。概要はWikipediaより。 ■希望の国のエクソダス - Wikipedia 経済が停滞し閉塞感の漂った現在の日本。そんな現在社会に絶望した約80万人の中学生達は2001年6月ある日突然CNNで報じられた日本を捨てパキスタンで地雷処理に従事する16歳の少年「ナマムギ」に触発され学校を捨てる。 彼らが結成したネットワーク『ASUNARO』はインターネットを駆使して新たなビジネスを始める。「この国には何でもある、だが、希望だけが無い。」と言う彼らは世界中から注目される行動を起こす・・・。 なんかあらすじだとそのまま戦争でも始まりそうですが、そんなことはなく、比較的現実的なものとして書かれています(もちろんそれでも小説としての、ですが)。文庫版が出ているので、興味のある方...

『希望の国のエクソダス』を今読み返すとなかなか興味深い

『希望の国のエクソダス』を今読み返すとなかなか興味深い

8年前、ベストセラーとなった村上龍の小説がありました。その名は『希望の国のエクソダス』。当時話題となったので、読んだ方もいらっしゃるでしょう。最近これをふと読み替えてしてみました。するとかなりの部分において、現状と照らし合わせて興味深い部分があると思うのですよね。約10年後である現状を言い当てている部分も見受けられます。

スポンサーリンク
お仕事依頼について About contact
お仕事依頼について About Sitemap contact