「 アニメ 」一覧

スポンサーリンク

アニメに関するカテゴリ。

NO IMAGE

実際に見ていない作品の感想は危険だけどよくある

私はテレビアニメをあまり見ていません。理由は簡単でそこに時間を割いたらいよいよブログが更新できなくなるか、仕事が全く出来なくなるので。ですが、ブログなりTwitter等では部分的にアニメに対して触れることがあります。最近なら『とらドラ!』なり『らき★すた』なりについて触れた記憶があります。しかし、前述のようにこれらをアニメとしてはあまり見ていません(『らき★すた』は後からDVDで見たけど)。じゃあ何で語るのか、というと、殆どの場合はこの2つとも原作、つまりラノベとコミックを読んでいるので、それに準拠して語っています。つまりアニメで盛り上がっている時も、語る内容は「アニメ」「原作」の共通項と思えることについて(つまりキャラとか共通のストーリー)が主なんですよね。

ゲームは「入力の娯楽」であり、ネットの「出力の娯楽」と共存できると思う話

ゲームは「入力の娯楽」であり、ネットの「出力の娯楽」と共存できると思う話

Twitterのコメントで、興味深いものが。 携帯とかYouTubeとかmixiとかTwitterとか、そういうのが全部ライバルになってきて ユーザーの時間を取り合ってると思うんだけどゲーム業界の人はそういう認識あるのかな。 他のゲームよりおもしろいもの作っても仕方ないってことに。by seabream (情報元:まなめはうすさん)

NO IMAGE

テレビがアニメに対して優しくなる日は来るか

このようなニュースがありました。■キー局まで広がった“パチンコ広告依存”:NBonline(日経ビジネス オンライン)パチンコのCMだよりになるほど、テレビ局にCMが集まっていないというニュース。さて、パチンコのCMが増えたのは、 TBSでは4〜9月期のスポットCM売り上げ実績で、「化粧品・トイレタリー」業種が前年同期比16.2%の大幅減。「食品」や「自動車・輸送機器」などテレビCMを多く流す業種でも、軒並み2ケタ減となった。 とあるように、既存の大口スポンサーが縮小した枠に入ってきたからでしょう(これの細かい分析は専門の方のほうがはるかによさげなので割愛します)。ここで思ったのは、数年前まではパチンコやローン関係のCMは規制されていたのかということ。もちろんテレビ局が倫理として規制していたということも言えます。ただ、もうひとつ考えられる理由があります。...

スポンサーリンク