Apple Watchの本当の敵は他のIT製品なんかじゃないという話

先日、iPhone6と6Plus、それにApple Watchが発表されました。

技術的などうこうについては、どこかの誰かが説明してくれる、というより、発表されたのとほぼ同時にすでにニュースサイトや技術系ブログに書かれちゃっているのでそちらを見た方がよほど内容の濃い情報が手に入るので、それらは省略。

さて、今回出て来た新製品では特にiPhone6に感して以前からの注目度通りいろいろなことが言われております。たとえばPlusの画面の大きさやSIMフリー、値段、薄さ、CPU等々。

しかし、Apple Watchのほうはそれに比べると今ひとつ語られていることが少ないような感じが。おそらくはiPhone6のほうが発売が近いというかWatchが来年発売と遠いこと、そして何より機能が説明されても実態が見えないことがあると思います。ただ、脈拍数の測定や通信やiPhoneとの連携から予想は生まれてきている感じですね。

スポンサーリンク

Apple Watchは普及するのか?

さて、世の中の人の多くが気になっているであろうのは「これは売れる(普及するのか)?」「これは必要となるものなのか?」ということではないでしょうか。特にAppleの新製品なので、iPhoneやそれ以上の普及の可能性まで見ている人も少なくないと思います。

とはいっても、出ている情報がまだ少ないので言えることがほとんどないのですが。まあいつものパターンで、最初にAppleマニアの人が問答無用で買って、将来性もあわせてベンチマークしてくれるのではないかと思います。

ただ、そこから先、つまりはiPhoneのように多くの層に売れるとなると、とてつもなく大きなライバルとなる存在がいます。Android?いいえ、違います。そしてそれはIT製品ですらないかもしれません。それは「腕時計」。もっと言えば「今まで発売されてきた腕時計全部」、ひいては「腕時計の歴史」。

人間の腕の場所取り合う争い

単刀直入に言えば「今までつけていた腕時計に変えて、みんながApple Watchをつけてくれるのか」ということです。

すでに腕時計をつけるというスタイルは定着していますが、それは時計という実用的なグッズ(ガジェット)というほかに、「ファッション」としてつけている人も多数います。機能性重視だったら、とっくに廃れているブランドなんぞたくさんあるでしょうし。そしてそのファッションは腕時計が発明されてから長い時間、構築されてきたものですもあります。

さて、そういうファッショングッズとしての時計にApple Watchが割り込めるか、というのが鍵です。しかしこれは容易いことではありません。何故なら原則として腕時計はひとり一つしか身につけないからです。まあ両腕とか腕にふたつ身につけている人もいますが、それもファッションであり、通常はひとつしか身につけませんね。『ギャラリーフェイク』に出てくる時計屋千手堂の千手観音のように、人間が多くの腕を持って、さらに全部の腕に時計をはめるようになれば話は別ですが。

つまりそこに割り込むということは、既存の時計を追い出すということになり、真っ正面から対立しなければいけなくなるのです。そしてその相手は「今まで発売されてきた腕時計全部」、ひいては「腕時計の歴史」。

Apple Watchの装着意欲は既存時計に勝てるか

つまるところ、まず身につけさせるためにその既存腕時計との勝負に勝てるか、という点が大きいのではないかと。たしかにITに造詣が深い層、iPhoneなら3や3GS時代から買ったような層なら広まるかもしれませんが、高級時計をつけているそれなりの年齢の男性や、ファッション的なものを優先した時計をつけている女性、とりわけITガジェットを重要視しない層がそれらに代わってApple Watchをつけるかというと、相当分が悪いのではないかと。残念ながらファッションやブランド価値としてはApple Watchがどんなに機能的によくても既存ブランドの大半にかなわないですし。かなうとしても数年かかるでしょう。

まあひょっとしたら数年後、ブランド時計メーカーとAppleが組んで、ブランドApple Watchを売り出す可能性もないとはいえませんが。そういえば何年か前、Docomoが「プラダフォン」とか売り出してたなあ……(遠い目)

Apple Watchが成功すれば社会いろいろなものが変える可能性も

そんな感じで、ITのみならず時計業界とも争うことになる可能性もあるApple Watch。しかし時計業界に全く反応が見られないのは、詳細がわからないからか、全く相手にしていないからか。ただ、もしそこに何か影響を及ぼすようなことになるとしたら、ITのみならず腕時計の歴史、ひいてはファッションの歴史にも革命が起きるのかもしれません。腕時計をふたつつけるのが当たり前になってたりとか。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
お仕事依頼について About contact
お仕事依頼について About Sitemap contact