GIGABYTEのマザーボードPCにおける大容量HDD増設時の注意(32MB認識問題)

今、家に使っていないちょっと古めのPCがあります。とはいっても、Athronの4200+ですから今でも十分使えるレベルであり、このまま放置しておくのはもったいないなということで、再生させることにしました。
で、せっかくなのでミラーリングにしようと、新しくHDDを2台購入。ただ、今まではSeagate製のを使っていたのですが、先の事件のこともあり、Westan Digital製の1TBHDD「WD10EADS」を2台購入。

さて、RAIDではちょっと面倒かもしれないけど、まあすんなり終わるだろ、と思っていたら、とんでもない罠が待ち受けていました。

スポンサーリンク

1TBのHDDが32MBとして認識される

普通のHDD交換のように、繋いでBIOS画面で確認してみると、1TBのはずのHDD何故か2台とも32MBとしか認識しない。そうしたら、外して「これdo台 pro」を使いほかのマシンでUSB認識させてみても、32MBとしか認識しないのです。
で、調べてみると、どうやら使っているGIGABYTE製のマザーボード(うちのは「GA-M61P-S3」というもの。AMD Socket AM2マザー)で、ちょっと古めのものでは、容量の大きめのHDDの認識を、勝手に32MBに固定してしまうということのようでした。うちはWD製HDDでしたが、どうやら他者(Seagateやサムスン製)でも同じ事が起きるようです。

原因は、当時のBIOSがその容量のHDDに対応していなかったためのようです。

最初にBIOSアップデート

このままでは合計12000円くらいする1TBのHDD2つが使えなくなってしまうので、復旧方法を調べました。
まずは、このBIOSを更新するところから。GIGABYTEのHPに行き、最新のBIOSを入手。

■ギガバイト – サポート – マザーボード – BIOS(※リンク切れ2012/12/3)

落としてきたファイルを解凍後、USBメモリに入れてからBIOS画面でそれを読み込ませました(一昔前はFDDでやっていたのですけど、もうドライブがないので)。
BIOSアップデートの方法は、ちょうどGIGABYTE製の解説で、YouTubeにかなりわかりやすい動画がありましたので、こちらを参考に。例によって失敗するとPCが起動できなくなるので慎重に。

HDDの認識をもとに戻す方法

で、あとは32MB認識になってしまったHDDを元に戻す方法。これも調べると同じ症状になった方がいろいろとされてます。

■参考:価格.com – 『ハードディスク・・・32MBしか認識しなくなりました がw』 WESTERN DIGITAL WD10EADS (1TB SATA300) のクチコミ掲示板
■参考:価格.com – 『32MBと認識される。』 WESTERN DIGITAL WD10EACS (1TB SATA300) のクチコミ掲示板
■参考:Samsung製の1TBハードディスクが32MBと認識された場合 – yanagiakimasaの日記

上記リンクでは、「HDAT2」を使う方法、Seageteの「SeaTools」を使う方法がありました。

ですが、ならWestan Digital製のもあるのでは、と思い探してみたら、同社HPにそれらしきものが。

WD Support > Downloads > SATA & SAS > WD Caviar Blue / SE / SE16 (SATA II)

これを使ってみることにしました。

HPにはisoイメージとFDD用データがありますが、前述の通りFDDがないので、isoイメージをDLして、それをライティングソフトで焼いてブートCDを作成。BIOS画面(新)で、CDドライブをFirstブートに設定して再起動。するとData Lifeguard Diagnostic の画面が出ます。自分の場合そこで確認したら、すでに1TBに戻っていました。
戻って、BIOS画面で確認したら、そちらでも1TBとして認識されました。

なんだか急なトラブルに戸惑いましたが、今は再構築をしています。とりあえず新しくないGIGABYTE製マザーボードに最近のHDDを増設使用としている人は、最初にBIOSアップデートをしたほうがよいでしょう。

お仕事依頼について About contact
お仕事依頼について About Sitemap contact