WordPressの人気ランキング表示プラグイン「WP-PostViews」

このブログやTimestepsなどをごらんになっておられる方の中には、サイドバーに「よく読まれるエントリー(閲覧の多いエントリー)」という項目が出来ているのに気づかれた方がいらっしゃると思います。これは「WP-PostViews」というWordpress Pluginを利用して作った記事の人気ランキングです。

WordPress › WP-PostViews « WordPress Plugins

Webサービスでもこのような人気ランキングを表示できるブログパーツというのがありますが、せっかくWordpressを使っているのだから、同じ事をPluginでやりたい、ということでこれを見つけてきました。

使い方はプラグインを有効化してから、コードを記述して、以下のように呼び出します。

<?php if (function_exists(‘get_most_viewed’)): ?>
<ul>
<?php get_most_viewed(); ?>
</ul>

<?php endif; ?>

記事のディフォルトの表示数は10ですが、途中の部分を

<?php get_most_viewed(‘post’, 5); ?>

というような引数入りのものに変更することで表字数が変更できるようです(上のは5つ表示)。

コードなど詳細は以下のサイトに書いてあります。ちなみに日本語化ファイルもあります。

■参考:記事の人気ランキングを表示できるプラグイン(WP-PostViews) » FORGET

ただ、一つ問題があり、これはPHPを利用しているので、お使いのWordpressがPHPの使用を許可していない場合、それの許可を与える必要があります。
エントリーやページの場合、「runPHP」を使うのがスタンダードでしょう。

no sq – runPHP Plugin for WordPress
■参考:power source* » WP Plugin: 記事内でphpを使う – runPHP

私がやったようにウィジェットで利用する場合は「Executable PHP widget」というプラグインを使いました。これはわかりやすく言えば、ウィジェットにPHPを許可しているテキスト項目を作り出すプラグインです。

Fun with Widgets
■参考:Executable PHP widget:ウィジェット内でPHPを実行 » WordPressメモ(※リンク切れ確認2012/12/3)

そしたら、サイドバーに新しくできた「PHP Code」という項目を追加して、同じように書けばいい感じです。

PHPさえクリアすれば、記述するだけでよく簡単なので、Wordpress使いの人で人気ランキング表示をしたい人は試してみてください。

スポンサーリンク