『あかり姉さん』等、かつてLeaf、Key作品のWebコミックが流行った時代のこと

今から10年前に、ネット上ではLeaf、Key作品の二次創作が非常に盛り上がっていたというのは以前にも書きました。

Leaf・Keyのゲームがインターネット上で盛り上がりを見せた奇跡的な時代 – 空気を読まない中杜カズサ

さて、それはSSからイラスト、DTMなど様々ありましたが、ネット上で特に人気だったのがWebコミック。これは文字通り、作品の二次創作をコミックで表現したもの。それまでも二次創作コミックは同人誌などで存在していましたが、ネットの普及によってそれが手軽に見られるようになったために、非常に人気が集まりました。ちなみにこの当時Leaf、Key関連で有名だったものは、『Go! To! Heart!!』シリーズ(くれじっとさん)、猫娘亭さん周辺あたりかなと。そしてやや葉鍵系から外れるというか日記形式のものでは、ででん♪さんの『コレットさん』(現在も続いているすごいシリーズ)も10年近く前からありましたね。あとつくりものじさんの『かもはうす』でのWebコミックも毎週のように見ていたような記憶があります。

この全盛期は二次創作の数もかなりありましたが、何せpixivもmixiもなく、それらを紹介する手段に使われていたのが、Webコミックランキングとか、サーファーズパラダイスやTINAMIなんかでしたね。おそらく現在のイラストサイト(もしかしたらニュースサイトも)でも、ここに登録して始めたという人はけっこういるのではないかと。

Web Comic Ranking [WCR] – ウェブコミックランキング
サーファーズパラダイス-漫画・アニメ・ゲーム・小説系サイト検索
TINAMI – Navigator of Manga Artists –

で、こういった多数の中から、自然と話題になったものが出てきて、それが上のような人気Webコミックサイトだったのですよね。

ちなみにもうちょっと時代が経つと、『君が望む永遠』のWeb二次創作が増えてきます。で、このあたりの盛り上がりが今でいう長寿大手サイトの初期に繋がるような気もしますが、その話はまた後日。

さて、こんな中でひときわ異彩を放っていたWebコミックがあります。それは『ToHeart』の二次創作である「あかり姉さん」というもの。これは現在、「おたくの娘さん」でプロマンガ家として活動しておられるすたひろさんが、10年前にご自身のサイトで連載していたものです。正確にはWebコミックではなく、イラスト+文章というタイプで、文字通り当時混種間版が発売される前後で、まだエロゲ原作のTVアニメが全然無かった時代に、第一次アニメが放映されていた『ToHeart』の二次創作です。しかし、本来おとなしい従順型のメインヒロインあかりが、裏ではとんでもなく定常点が唯我独尊型で、且つ無敵の強さを誇るけど、それを主人公であるひろゆきには隠して面のように振る舞っているというギャグもの。二次創作ではそのキャラクターの性格を逆にしたり、暗黒化させてギャグにするというものは今でもよくありますが、これはWebコミックでそれを容赦なしにやったはじめてのものかもしれません。

で、これらのWebコミックは同人として販売もされたのですが、それの媒体はなんとフロッピーディスクでした。つまりフロッピーの中にHTMLやJPEGファイルが入って収録されていたのですよね。同じ売り方は前述の『Go! To! Heart!!』などでもありました。

何でこんな話をしたのかというと、先日PCのファイル整理をしていたら、その手のWebコミックが大量に出てきて思わず読みふけってしまったから。これ以外にも大量に出てきましたが、それを取得したサイトにブックマークを使って久々行ってみたら更新停止していたり消えていたりが多かったです。まあ、10年も経てばそうなるだろうなあ……

だけど考えてみると、10年前はこういったところで活動していた人が、今振り返ると大勢プロになっているわけですよね。となると、今の二次創作の盛り上がりはニコニコ動画で盛んですから、10年後にはそこからプロが出てきても少しもおかしくないでしょう(そもそもプロが趣味として作って投稿しているものも混じっているようですし)。今ニコニコで見ているあの動画も、数年経てば「これは懐かしい!」と、今あの時代のFlash作品を見たのと同じ印象なるのでしょうね。

スポンサーリンク

フォローする

関連記事
スポンサーリンク
お仕事依頼について About contact
お仕事依頼について About Sitemap contact