昔のコミケの体験談をネット上で語るという価値

自分のブックマークを見直していると、以前非常に影響を受けたエントリーが見つかりました。

インターネットで手に入れられても良さそうなのに手に入らない情報まとめ - IT戦記

これは、「ニュースのその後」というところから「Timesteps」が誕生するきっかけの一つになったもの。ほかにも情報収集面に関してはかなり万能と思われるインターネットでも、なかなか収集できない情報がまとめられているので、非常に興味深いです。

で、この中に「95年以前のコミケ体験談」というのを見つけました。そうだ、言われてみればたしかに2000年頃からはコミケレポートは多数存在するようになったけど、それ以前のって滅多にない。もしかして、インターネットというのはこの95年〜97年より前、つまりインターネット普及前の体験に基づく情報を引き出すのは非常に弱いのですよね。

たしかにネットには普及前の情報、つまり95年以前のことが多く載っています。しかしそれらのうち多くは体験から起こしたものではなく、伝聞、すなわち既存書物などからの情報なのですよね。たしかに回想での体験談もありますが、ある一定の年代を過ぎるとなくなってしまうという。当然と言えば当然ですが、これはもったいなくないでしょうか。ここ数年の多くのことの体験談は載っているのに、それ以前はないとなると、将来そこの歴史を見返した時に95年を境にして大きな断絶が生まれるのではないかとも思えるのです(正直、インターネットが整備されていなかった2000年以前の情報を探しだすのも難しいです。Timestepsでの調査でそれを痛感してます)。

さらにコミケのような新しく出てきたものの歴史というのは、インターネット外でもほとんど語られることがありません。たしかに米沢さんなどのコミケに触れた書物やカタログ(マンレポや柱)、コミケットプレス、Dr.モローさんのマンガなど一部同人誌には当時の雰囲気が記してあります。ただ、インターネットにはありません。私もコミケに初めて行ったのは1998〜9年あたりですから、それ以前のエヴァブーム、セーラームーンブームなどを情報としては知っていても、体験談としてはほとんど知らないのですよね(昔のマンレポもそうそう簡単に見られるものでもないし。一番入手しやすいのがモローさんのマンガだったかなあ)。

つまり、何が言いたいかというと、もし1995年以前のコミケの記憶がそれなりに鮮明な方がいたら、当時の体験談をブログなりに書いてインターネットに残しませんか? ということ。それは言い換えると個人の昔話ではありますが、同時にその時代に個人個人が実際に体験したという貴重な情報でもあるのではないでしょうか。少なくとも私は読みたいです。そして、出来ることならば早いうちに書いていただくとうれしいかなと。それはコミケの場合ある日ある時引退する人も多いし(これを語って書物に出来そうな米沢さんも岩田さんも亡くなってしまいましたしね……)、何より人間の記憶、とりわけ体験談は時と共に薄れてしまうので。


というわけで、95年以前、エヴァブーム以前のでの体験談をお持ちの方は、その貴重な情報をインターネットの情報として残していただきたいなと。ブログ持ちの方のトラックバック歓迎(今まで書いたものからでの引用もかまいません。もちろん無理にする必要はないですが)。


◆追記
コミケ以外にもこういうのってありそうですよね。ある意味ゲーセンでの体験談も私より若い人にとってはそうかもしれませんね。たぶん若いゲームマニアの人でも、2方向、4方向レバーとかトラックボールとか知らない人いるんだろうなあ。