このブログの今年を振り返って

今年最後の更新ということで、とりとめのないことをつらつらと。

相変わらずこっちのブログは思いつきをざっと書いているので、ジャンルがばらついていますね。こんな読みにくくてしょうもないブログの文章を読んでくださる方に感謝。

でも、一応傾向みたいなものはありますね。去年は「ドラえもん」「SF」系が多かった気がしますが、今年はいろいろ書いていて、後半は「テレビ(とりわけCM)」「ネット論」「同人」が増えてきましたね。同人はどっちかというと知っている人は知っていることを再確認的に書いたものにブクマが多かった感じ。まあネットで誰かはこういうのをやってもいいでしょうということで。

ああ、そういえば昨日(3日目)久々にコミケに行ってきたのですが(午後からまったりとですが)、座り込んでいる人多かったなあ……。コミケは入場前の待機列はともかく、それ以降は買い手として「座ったら(いろいろな意味で)負け」だと思うのですがいかがでしょうか。つか、地面に座るほど疲れているなら電車空いてるうちに帰った方がいいと思うよ(飲食店や椅子はまあいいけど。館内の座り込み禁止されているところで座っている人は論外)。ずっと歩くか立つかして、帰りの電車でやっと数時間ぶりに座って、そこで荷物も卸して軽くなり、つい気を抜いて眠りについて降りる駅を寝過ごしそうになるのがコミケの醍醐味(今は気力的にそんな勝負できないから、今回はコンパクトに回っただけですが)。

まあそれは置いておくとして、来年もこの思いつきを書く傾向は変わらないと思います。そのためにやっているブログですし。

あ、ただしもしかしたら「犯罪・法律系」が新たに加わる可能性はあります。というのはここと平行してやっていた「秋嵩Libra」を更新停止して、こっちと「Timesteps」に統合しようと思うので。ま、ただでさえそっちは一月に1回更新になってたし、別個に分けて書く理由もないし。

あと、個人的には現実でもネットの世界でも人との交流という意味で有職のヒキコモリ気味だった私ですが(仕事が主に家での作業なのがヒキコモリの拍車をかけているのですが)、今年はほんの少しだけ改善したのかなと。その一因はTwitterにもありますね。あれ独特のゆるさというのは、mixiで知り合いにもマイミク申請できないチキンな私にとってはあのゆるさがコミュニケーションを繋ぐ上でちょうどいいというか(基本的に公開をロックしていない日本語の人がフォローしてきたら返してます)。

来年は時間次第でオフ充目ざさんまでも、少しくらい人に会ってもいいのかなあと思いますね。結局ネットはきっかけとしてはよいですが、人の多くを知るのでは会って話すことにはまだまだかなわないと思うので。

つか、仕事の方も頑張らんと。貧乏だし。で、よろずお仕事募集中と書いておきます。

あと、作りたいものってのはたくさんあるのですよね。それはブログでもそれ以外でも。それをいくつかでも形に出来ればなと。ブログに限って言えば、今考えているのは「軽いニュースサイト」「軽いマンガサイト」(このブログであまり書けなくなってきたので、もっと軽く書けるように分離するのもいいかなと)「英語のサイト」(実践的英語トレーニング用)とか。まあどれだけ出来るかは謎ですが。ああ、そういえばまた同人ですが、夏コミの申込書一応購入してきました。出すかどうかは未定ですが。


ま、こんな感じで来年も可能な限り書いてゆこうと思いますので宜しくお願いします。