キョロちゃんのもうひとつの、いや、真の姿?

ちょいと時間がないのでネタで。

全国的に有名な森永チョコボール。おもちゃの缶詰が目的ではなくとも買う人は多いでしょう。ちなみに私は銀のエンゼルなら見たことありますけど、金は今まで一度もないです。

 

で、そのシンボルマークはキョロちゃん。

 

これは一般的に、カラのついている部分が胴体、そして左側のがくちばしとして見なされてきました。しかし、本当にそうなのでしょうか。
ちょっと以下の画像に注目してください

 

もし、身体の中心線が胴体の部分ではなく、図のようなところだったらどうでしょう。つまり……

 マウスで線引き。タブレット?何それ?

この赤をひいた部分全部が足、もしくは羽のようなものには見えないでしょうか。
そう!実はあの左の黄色い部分は羽か胴体の一部で、くちばしではなかったのですよ!
でもそうすると、鳥(とはいってもくちばしがあるものでも鳥には見えにくいですがそれは置いておくとして)というより頭が丸いセミに見えるような気がする。もしくはケツだけ星人((c)クレヨンしんちゃん)の真の姿か?

え?カラの下の部分に見える鳥の足みたいなのはなんだって? そんなもの飾りですよ。偉い人には(略)。


ちなみにここまで言ってもくちばしのついている鳥にしか見えない人は、実際にチョコボールを買ってきて、箱を斜めにしてみることをおすすめします。

だけどCMとかでは、ちゃんと胴体側の足で歩いているので、そっちが公式だろ、とおっしゃる方もいるでしょう。でも、それが真実を隠蔽するものだとしたら……


ちなみに今日のネタは、自分が子供の頃本当に思っていたキョロちゃんの見え方でした。くちばしを指摘された時はショックだった。いや、これがネタと思わせておいて実は……(きりがないから終了)