ブログ-ブログ運営

ブロガーズ・ハイは終息に向かう

近頃、ブログを1日にいくつ更新したらいいという話題が流れることがあります。それも2つとか3つ以上。それについてはSEO目的だとか質の低下を招くなどと賛否あります。ただ、PVやSEO対策で無理にやっているのはなくて「書きたい」という気持ちであれば、あ…

「ブログで稼ぐ」が絶えないのは失敗事例が隠れるからではないか

昨今、はてなブックマークを見ると「ブログで稼ぐ」系のエントリーを見ない日はない感じです。 そんな中、以下のような記事がありました。 delete-all.hatenablog.com ブログで稼げるのは独自性と専門性を持ったごくごく一部の人だけで、何の実績もない人、…

ブロガーにも「白いワニ」は来る、きっと来る

ブログを書くということ。たとえ今が好調でも、必ずしも続くわけじゃない。かつて江口寿史が「白いワニ」と表現したような、書けなくなる時期が来ないとは限らない。

3年以上定期更新している「ブロガー」が急激に減る理由

ネットを見ると、過去かなり更新していたブロガーでも、3年程度立つと更新が停止したり激減したりしている。その理由を考える。

昔書いたブログエントリーがホットエントリーして思ったこと

だいぶ前に書いたブログエントリーがホットエントリーとなってアクセスが集まった時に思ったこと。ブログの過去記事の価値やPVについて。

「ブログ暗黒面」とは何か

「ブログ暗黒面」(造語)とは何か。それはブログ運営においてPV獲得やアフィリエイト等の収入にハマってしまうあまり、なりふりかまわなくなって暗黒面に入ってしまうこと。

ネットで昔から存在した「アクセス津波」のお話

いきなりどこか影響力が高いところに記事をリンクされるなどして、急にアクセス数が跳ね上がる「アクセス津波」は、昔のネットから既に存在していた。

はてなダイアリーからはてなブログに移行して個人的に感じた点など

はてなダイアリーで数年ブログを書いてきたが、はてなブログに移転した。そこでしばらく書いて個人的に感じたこと。

ブログのコメント欄を消したり承認制にすることは臆病者の選択肢ではなくなったという話

しばらく前から、うちのブログはコメントを承認制にしてあります。最初の頃は忙しくなってきたので、その間にスパムが入り込むとまずいからそうしていたのですが、やや余裕が出来てからも解除しないままにしてあります。それはちょっとコメント欄の存在意義…

感想系ブログを続けるために書いておいたほうがよいエントリー

このようなエントリーがありました■漫画レビューサイト初心者へのアドバイス(情報元:駄文にゅうすさん)ちょうど『空気を読まずにマンガを読む』を始めた時期と同じですな。で、アクセスアップをどうすればいいか悩んでおられるようですが、正直1日1桁を2…

個人サイトでの『お仕事募集』は本当に効果があるのか

ちょっと細かいところであった忙しさが全て片付き、ついでに今後の予定もちょっと頓挫してしまったために、現在純カラ状態です。ま、数日は仕切り直しってことで、いろいろ身の回りでやり忘れていたことを片付ける予定。特にブログデザインとコメントレスを…

ブログは開設するまでが楽しいか、それとも開設してからのほうが楽しいか

いきなりですが、ブログを持っている人は開設すること自体が楽しい人が多いでしょうか。それとも、開設してからのほうが楽しい人が多いでしょうか。これは前にとある人と話をしていて出てきた話題で、今、それを思い出したのでちょっと考えてみました。私は…

アクセス数が増えたことで失ったもの、そして得たもの

このようなエントリーが。■アクセス数50くらいの時期が一番楽しいんじゃないかな。 - おちもなにもないただのにっき。これに対して、ふたつの思いが頭の中をよぎりました。「うん、その通りだ」という思いと「いや、それは単純に『昔は良かった』という心理…

「ネタがない」という言葉に含まれるニュアンスは人によって全然違うと思う話

『ネタがない』という言葉は、ネットを巡回していてもよく見かけます。私もよく使います。でも、本当にネタがない状態なのかというと、厳密にはちょっと違うのですよね。というのは、デスクトップ付箋紙にはいろいろ思いついたものがメモとして書き留めてあ…

たとえアクセス数が増えても、面白いことを書いているという確証はどこにもないわけで

こちらのエントリーを読んで、前から思っていたことと重なるところがあったので、それについて書こうと思います。おかげさまで、うちのブログのアクセス数はそれなりに増えました。しかし、今になっても自分が面白いものを書いている、という確固たる自信は…

サイト運営におけるアルジャーノン・ゴートン効果

『アルジャーノンに花束を』というダニエル・キイス作のSFの名作があります。ご存じの方も多いことでしょう。そこには『アルジャーノン・ゴートン効果』という単語が出てきます。それは「人為的に誘発された知能は、その増大量に比例する速度で低下する」…