セキュリティ-悪徳商法対策

新入生など新生活を始める人を狙うサークルの罠について

そろそろ新年度。新入生、新社会人をはじめとして、新しい生活を始める方も多いことでしょう。しかし残念ながら、この時期は新環境になった人の無知につけ込み、悪徳商法やカルト宗教の勧誘を仕掛けてくる人が増える時期でもあります。 この時期にはそういっ…

かつて書店前に存在した勧誘が今の書店衰退に影響している可能性

高田馬場や池袋などに展開する芳林堂書店が破産というニュースが流れました。 www.itmedia.co.jp 事業は書泉に譲渡されるようですので、池袋のコミックプラザや高田馬場の本店もすぐになくなるとは限らないようです。でもあの地域は競争激しいからどうなるこ…

情報商材を購入することで格好の個人情報を渡してしまう危険性

ここ2回ほど、ブログ互助会の性質やそれの持つ危険性ことについて書きました。 nakamorikzs.net nakamorikzs.net そして前回のラストで、「(少なくともそれに対する明確な知識のない者は)たとえメルマガ価格の少額(メルマガ価格)でも、その手の情報商材…

ネットにおける悪徳商法業者やブラック企業情報のジレンマ

昔よりもネットが普及したからこそ、悪徳商法や詐欺を行う業者の正確な情報が対策を立てられてネットで流れにくくなっているのかもしれない。

振り込め詐欺防止に親族間で「送金専用口座」を作っておくというのはどうか

今日はこのニュースの話から思ったことでも。■偽の養子縁組→偽保険証→携帯や口座、振り込めグループに : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) ※リンク切れこれは本人登録が必要な携帯電話や口座などを、偽の養子縁組という手段で偽保険証を取得したというニュ…

新生活を始める人が狙われやすい悪徳商法や宗教の罠について書いてみる

前回、こういうのを書きました。■数年前に秋葉原でコーチ屋らしき人に声をかけられた話 - 空気を読まない中杜カズサで、この中で「春のこの時期は、1年の中でも悪徳商法が盛んになる時期でもあると思われます。理由は4月が新生活の始まりで、新環境の中で無…

数年前に秋葉原でコーチ屋らしき人に声をかけられた話

春は、1年の中でも悪徳商法が盛んになる時期でもあると思われます。理由は4月が新生活の始まりで、新環境の中で無知につけ込んで悪徳商法を仕掛けてくる人が多いから。大学での友人作り(サークルなど)に紛れ込んで悪徳商法や宗教の勧誘が入り込むケースも…

悪徳商法を仕掛ける側は嘘をついてくるとは限らないという話

この時期、新社会人や地方から出てきたばかりの新入生を狙って路上とかで「ちょっといいかな」と各地で声をかけられて、ついていって話を聞いたら実は悪徳商法(もしくは宗教)で、騙されてしまうというパターンが多数存在するようです。大学だとサークル全…

願いを叶える魔神等と出会った時に心がけたいこと

はてなでは、ライフハックなどお役立ち系のエントリーを書くと注目が集まるそうです。ということで、今日はうちのブログでもそういったエントリーを書いてみようと思います。 昔からよく「何かをすると魔神等が出てきて願いをかなえてくれる」というシーンは…

ナンバーディプレイ&ナンバーリクエストで悪徳勧誘が減る心理

ご存じの方も多いと思いますが、意外と知らない人もいそうなので。NTT(固定電話)では、ナンバーディプレーというサービスがあり、月400円でかかってきた電話の番号を表示してくれるものがあります。見ての通り、かかってきた電話番号を表示するサービス…